自閉症児と歯ぎしり問題

自閉症児と歯ぎしり

sleep_hagishiri_R.jpg

自閉症と歯ぎしり、必ずしも因果関係があるのかはわかりませんが、
自閉症の子で歯ぎしりに悩まされている人が多くいるよう感じます。

つーさんもその一人。

なぜ歯ぎしりが起こりやすいのか、その説も色々。
◎ただ単に癖になっている、こだわりの一環
 指しゃぶりとかと同じレベルでやっているもの
◎保護者の気をひきたい
◎ストレス、イライラしている、不安をやわらげるため

確かに自閉症だと、こだわりが強いゆえか、癖が人一倍強かったり
周りになじめない不安感を感じやすいのかもしれません。

2歳くらいから歯ぎしりが強かったつーさん。
薄々思っていたのですが、歯が極端に短いです
幼稚園に入園して集団と比較すると顕著にわかります。
特にした前歯なんてほかの子の半分くらいしかありません。

それが関係しているのかはわかりませんが、つーさんは極度に食べ物にかじりつくのが嫌いです。

つーさんの歯ぎしりの経緯


先述の通り、つーさんは2歳くらいにはもう歯ぎしりが出ていましたが、
それがひどくなったと感じたのが3歳のころ。

寝ているときだけでなく、昼間もしばしば歯をギシギシさせていて
その音がこちらにも普通に聞こえるレベル。
その音が激しくてこちらも不安になり、歯医者で相談することにしました。

haisy_chiryo.png

その結果・・・

今すぐ歯ぎしりをやめさせないと永久歯の歯並びに影響が出ますよ

と指摘されショック!!

歯医者では、寝ているときは無理でも起きているときは注意するよう言われました。

ちょうど療育センターの診察もあったので、主治医に相談したところ

あまり指摘すると逆に気にして、反動でひどくなる可能性も示唆されました。

では、どーしろと!?

このまま何も指摘せず歯がすり減るのを見ているのは嫌。

とりあえず3歳時点ではつーさんは会話は成立するレベルだったので

「あんまり歯をキシキシさせると、歯がなくなっちゃうよ」

と何度か歯ぎしりをしているときに真剣にいってみました。

それで理解したのかどうかはわかりませんが、
次第に日中の歯ぎしりは気にならない程度になっていきました。

歯ぎしりで神経が透けて見える状態に!?


その後も半年に一回は歯科検診に行っており、しばらくは指摘はありませんでしたが
5歳の歯科検診で衝撃的な一言。

歯ぎしりで歯が透けて、神経見えてきちゃってますねー

このまま歯ぎしりがひどくなると、歯が割れて神経にばい菌が入り、歯茎が腫れてくるそうです。

ショック。

治療法は・・・
歯ぎしりをやめさせるしかない。

そんな簡単にやめさせられてたら、歯医者かよっとらんわ。

そもそもつーさんが歯ぎしりをするのは今は大半は夜間。
寝ているのを起こすわけにもいかないから、これはどうしようもないと思っています。

でも日中もたまーにやっていることがあります。
おそらくそれは過度にストレスがたまったとき。
年中に進級したとき少し歯ぎしりが再開したなーと思っていたのですが、
多分進級の変化に戸惑ってストレスがたまっていたんでしょうね。

すごろくやトランプ等の勝負ゲームで負けてしまったときも
あまりにも悔しいのかすごい歯ぎしりをしています。
これもある意味ストレスか。
やはりほかの子供よりストレスに弱い、もしくはストレスを感じやすいのでしょうか。

幼児の歯ぎしり対策は?


幼児の歯ぎしり対策、あったら切実に教えてほしいです(´・_・`)。

大人だったらマウスピースを作ってはめるのが一番ですが、
幼児に大人のようにマウスピースをするのは難しいらしく
(技術的なものというより、嫌がってできない)
歯医者でも現状は様子見をするしかないと言われています。

一応、日中に歯ぎしりしていることに気づいたら、優しくそれとなく注意はしています。
歯ぎしり、親としてはかなり気になっているのですが、ここで厳しく注意すると
やはり療育センターの先生がおっしゃるように、ストレスで更なる反動が出そうなような。

とりあえず、今できることは

定期的に歯科検診に行くこと

くらいでしょうか。
我が家では半年に一回は行くようにしています。
横浜市では医療証を使えば幼児の歯科検診は無料かと思います。

我が家は検診の際は必ずクリーニングとフッ素塗布のオプションをつけているので1,000円ほどかかっています。

もう歯が抜けて永久歯に生え変わるか、その前に歯が割れるかのデッドレース。

とは言えつーさんはまだ5歳。
これまでの発達も全体的に遅れていたことを考えると、今すぐ歯が生え変わる路線はなさそうです(涙)


励みになるのでよければポチってください。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


コメント

非公開コメント